痛いけど効果抜群!?ニードル脱毛の方法

エステやクリニックでの脱毛というと、フラッシュ脱毛を思い浮かべる人が多くなってきた昨今ですが、昔からある永久脱毛の方法であるニードル脱毛も、その確実さでまだまだ人気のある施術です。

ニードル脱毛とは、針脱毛のこと。その名の通り、針を毛穴の中へ差し込んで行う施術で、いわゆる永久脱毛とも。

差し込んだ針に電気を流すことによって、毛の生えるもとである毛母細胞自体を腐食させ、毛が生えてこないようにします。
ニードルを毛の流れに沿って差し込む必要があることから、施術の前には毛をある程度伸ばしおくことが必要です。

施術者の技術や脱毛を受ける側の感受性にもよりますが、針を差し込むという方法上、痛みがあります。
毛穴ひとつひとつに対して、処理を行うということですね。

ニードル脱毛は、一つ一つの毛根に確実に作用させることができるため、その永久性がとても高いという効果があります。
また、レーザー脱毛の場合に、色素が薄すぎて反応しない産毛や、逆に濃すぎて炎症を起こす可能性のある部位のむだ毛など、全身のどこのむだ毛でも処理することができます。

痛みが強い、時間がかかる、費用が高額というデメリットがあります。

痛くない家庭用脱毛器 カテゴリー: 脱毛方法の解説   作成者: admin パーマリンク